頭脳を必要とする競馬予想


友だちに競馬予想を勧められて

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
8月 6, 2014 at 11:21 PM

友だちに競馬予想を勧められて

ぼくは当時、まったく競馬予想には興味がなかったのですが、最近、友だちに進められてちょっとだけ試してみることにしました。

それからですね、ぼくが競馬予想にはまり始めたのは。

正直舐めてました、競馬予想なんて、ただのギャンブルだろう、って。

けれどそれはぼくのとんでもない思い違いでした。

失礼千万ですね。

本当に、競馬予想に関わるすべての人に、この場を借りて謝罪したいと思います。

すいませんでした。

さて、それでぼくは友達に勧められるがまま、こうして競馬にのめりこんでいるわけですけれども、これって本当に、ただのギャンブルなんかではなくて、ちゃんとしたデータに基づいた、そうですねえ、いわばゲームとでも言うべきものでしょうかね。

つまり、運だけでどうにかなる問題じゃないんですね。

ほら、テレビなんかでも、プロの予想家は過去のデータを数学的知見から分析して、その膨大なデータを整理し、そこから導き出しているでしょう。

あんな感じです。

競馬予想には頭脳が必要

競馬予想は「運」だけでは勝ち上がってはいけません。

そういう人はすぐに没落し、やがて破滅の道をたどるでしょう。

でも、たいていの人、とりわけプロの予想家は、ほとんど破滅するどころか、むしろ「勝っている」場合が多いんです。

なぜか。

それは、これが単純なギャンブルなどではなく、頭を使って行う、頭脳ゲームだからです。

頭が良くないとこの世界ではやっていけません。

ましてプロになってくると、それこそ頭脳明晰でなければすぐに凋落します。

しかし、運などといった不確定な要素で成り立っているよりは、はるかに堅実で、確かなものです。

つまり、ノウハウさえ身につければ、だれだってプロになれる確率はある、ということです。

可能性は無限大、ということですね。

頭脳についても、いわゆる競馬予想用の思考回路さえ習得すれば、ある程度のレベルまでは行けると思います。

競馬予想に懸ける

そこからは、あとは感覚ですね。

そしてデータの分析力。

こういうものは徐々に学んでいきましょう。